2016年 コンフォート・グレイス 本社・複合ビル

2018/09/17

コンフォート・グレイス

2016年秋、岡田建設 本社および、複合ビル竣工

1階には、岡田建設本社及び、茶室。 集会室も併設。
2階~3階部分は賃貸マンション。                         集会室は、入居者のご親戚などが地方から上京されたとき、ここで宿泊できるようにと考えました。
また、ここは貸会議室としての利用も考えています。                4階と5階を2世帯住宅として、自家使用しています。

外壁及び共用部分の壁はコンクリートの打ち放し仕上げです。実は、素材をそのまま見せるというのは、すごく日本的なんです。伝統的日本建築の建物では、材木は鉋などで仕上げて、素材そのものと鉋掛けの腕を見せようとし、塗装などの仕上げはやらないのが普通です。外国人は往々にして柱をそのままにせず塗装などを施します。あまり素材そのものを見せることはないような気がします。金張りや石積みは素材そのものですけど。 コンクリート打ち放しの仕上げは、型枠大工、鉄筋工、コンクリート打設工、電工、設備工現場監督などなど、各職人の総合力が発揮されなければ、いわゆる、コンクリートのヤリッパナシ仕上げになってしまいます。素地がきれいだと余計な仕上げは、いりません。そこを見てもらいたかったんです。

コンフォート・グレイス コンフォート・グレイス

 

コンフォート・グレイス
           マンション入り口の青い帯は真鍮板に特殊加工したものです。看板も同じです。加工する時の薬剤の種類の違いで、発生させる色が違います。富山県高岡市の職人さんの製作です。
コンフォート・グレイス

-こだわりの仕事, レンタルルーム, 企業活動, 岡田の仕事, 歴史, 茶道教室