工夫のしごとvol1

2018/08/07

工夫を凝らしたしごと

30年前にうちでやらせていただいた方から、建て替えの依頼を受けました。しかし、当時は新築ができても、今は接道の問題があり、出来なくなっていました。そこで、基礎・構造材はそのままに、物件を大規模リフォームしたものです。当然、基礎は補強しました。構造材は、幸いにも腐っていた柱が、浴室部分だけで、それは取り換えて、他はそのまま使えました。在来工法木造住宅の強みです。この写真の時に、柱、梁に書かれた墨をみて、これを施工した当時の状況が浮かんできました。ここを施工した職人は、亡くなっています。右側の職人はその人の弟弟子にあたる職人です。出来上がりは新築そのものです。
これはプレカットしかやったことのない大工職人にはできない仕事です。大工の工夫と経験がなければできないものです。

-工夫の仕事